本文へスキップ

とやま室内楽フェスティバルのホームページです

アマチュア演奏家クリニックの様子-clinic2012-

クリニックの様子

クァルテットエクセルシオによる、丁寧な技術指導 楽器別指導の様子 参加者によるアンサンブル

開催場所・日時

場所 富山市民芸術創造センター(富山県富山市)
日時 2012年11月18日(日)

講師

クァルテット・エクセルシオ
西野ゆか(1stヴァイオリン)・山田百子(2ndヴァイオリン)・吉田有紀子(ヴィオラ)・大友肇(チェロ)


♪タイムスケジュール♪

楽器別練習の様子

♪1時限(10:00〜11:30)
小部屋に分かれて楽器別練習。
演奏上の技法はもちろん、姿勢や椅子の置き方など細かい点についても、日頃のささやかな疑問点を解消することができ、演奏スキルの向上につながりました。


楽器別練習の様子

♪2時限(12:30〜14:00)
大部屋を使ってアンサンブル練習。
午前の楽器別練習を活かして、「全体の中のパート」を意識して曲づくりにのぞみました。
ハーモニーやバランス、曲の雰囲気作りについてのアドバイスを受けながら、受講生同士でアンサンブルを楽しみました。


♪受講者の声♪

1stバイオリン受講者アイコン

<1stバイオリン>
・先生方の指導がすばらしく、アンサンブルのレッスンはもちろん、個人のレッスンも受けることができ、贅沢な時間でした。
・初めて会う方と、ぶっつけ本番でカルテットができたのは、緊張したけど楽しかったです。
・カルテットの奥深さを改めて感じました。


2ndバイオリン受講者アイコン

<2ndバイオリン>
・プロの音楽家の先生に基本からアドバイスをいただき、またとない勉強ができました。
・アンサンブルの時間には、ハーモニーやバランス、曲の雰囲気作りについての先生方のアドバイスがどれも大変参考になりました。
・限られた時間内で、ぐっと前進した手応えを感じることができました。


ビオラ受講者アイコン

<ヴィオラ>
・これまで観念的に理解していながらも具体的な方法が分からずにいた点について、アドバイスのおかげで目指すべき方向性が明らかになり、眼前の雲が晴れる思いです。ソロ楽曲のレッスンではアプローチしにくい点でもあったため、大変貴重な機会となりました。
・個々の演奏レベルの高い先生方に指導をいただけたことを誇りに思い、今後もアマチュア演奏家として楽しみのレベルを上げていきたいです。


チェロ受講者アイコン

<チェロ>
・ボウイング、開放弦の扱いや楽譜の読み方など、とても参考になる指導をいただきました。
・大変ためになる教室だったので、もっと広くいろいろな人に、ぜひ受講してほしいと思います。


♪課題曲♪

モーツァルト:ディヴェルトメント ニ長調 K.136